あなたへの美味しいプレゼント

自然の恵みをまるごといただく、新しいかたちのおだし「まるごとキューブだし(R)」。
手作りがより美味しく、楽しくなる、本格おだしができました。

とは


かつお節と昆布を素材にした「おだし」です。

かつお節の高い香りを生かす、フリーズドライ製法で作りました。

お湯に溶かすだけで、味とコクと香りの高いおだしができ、
様々な和食メニューに使えます。

自然本来の味を第一に、化学調味料・食塩は不使用です。

調理例




飾り切りで楽しい!「おばけかぼちゃの甘煮」

<4人前>
1.洗った坊ちゃんカボチャ1個は、
 ラップをして電子レンジで5分加熱する。
2.ヘタの部分を切り取り、スプーンで
 種を取り除き、目と鼻と口を
 包丁やナイフで彫る。
3.鍋に、200mlのお湯で溶かした
 「まるごとキューブだし」1個、
 醤油・酒・砂糖・みりん各大さじ2を
 入れ強火にかけ、沸騰したらヘタの部分を
 載せたかぼちゃをまるごと煮汁に入れ、
 強めの中火にし、アルミ箔などで落し蓋をする。
4.煮汁が半分くらいになったところで
 火を止め、そのまま3分放置する。
5.かぼちゃが崩れないように、そっと
 皿に盛り付け、煮汁をかけてできあがり♪


ちょっと不気味な「おばけなすの煮びたし」

<4人前>
1.ナス3本のヘタを取り、縦半分に切ったら
 ストローで目をくりぬき、包丁で口を彫り、
 残った部分は斜めに切れ目を入れる。
2.フライパンに油をひき、ナスを皮のほうから
 焼き、焼き目がついたらひっくり返して
 反対側も焼く。
3.両面焼き目がついたら、
 「まるごとキューブだし」1個をお湯200mlに溶かし、
 醤油・みりん各大さじ3、しょうがチューブ1cmを
 入れ、蓋をして10分煮る。 4.煮汁ごと器に盛ってできあがり!
 冷蔵庫で冷やして常備菜にもできます♪


夏はやっぱりコレ!「ゴーヤーチャンプルー」

<2人前>
1.「まるごとキューブだし(R)」1個をお湯50mlに溶かす。
2.そこに、しょうゆ20ml、みりん20mlを入れ、
 混ぜ合わせて調味液を作る。
3.フライパンで、豚肉、ゴーヤ、ニンジン、もやしを炒め、
 豆腐、卵を加え、全体に火が通ったら、
 事前に作っておいた調味液を回しかけ、
 汁気が飛ぶまで炒めてできあがり!


おだしの生地が旨い!「お好み焼き」

<2枚分>
1.「まるごとキューブだし(R)」1個をお湯100mlに溶かす。
2.お好み焼き粉1カップとおだしを合わせ、
 キャベツ、卵、揚げ玉を入れ、
 さっくり混ぜて生地を作る。
3.熱したフライパンに生地を丸くしき、
 その上に豚バラ肉を並べ3分焼き、
 ひっくり返して更に3分焼いて、焼き色がついたらできあがり!


シンプルに美味しい!
「豚バラとキャベツの旨だし炒め」

<2人前>
1.「まるごとキューブだし(R)」をお湯50mlに溶かす。
2.そこに、酒30ml、しょうゆ15ml、いりごま少々を入れ、
 混ぜ合わせて調味液を作る。
3.フライパンで、食べやすいサイズに切った豚バラ肉を炒め、
 全体に火が通ったら、その上にキャベツを広げ、
 事前に作っておいた調味液を回しかけ、
 しばらく蒸し焼きにする。
4.キャベツがしんなりしたら、全体を混ぜ合わせ、完成!


ローストビーフや豚しゃぶにぴったり!
「自家製おろしだれ」

<2~4人前>
1.「まるごとキューブだし(R)」を包丁で半分に切り、
 お湯40mlに溶かす。
2.そこに、砂糖小さじ1、しょうゆ20ml、チューブしょうが
 1cm程度を入れ、混ぜ合わせてできあがり!
 ☆しょうがをニンニクにしたり、刻みねぎにしてもOK!
 ☆自分だけのオリジナルたれを作れば、
 もう専用調味料に頼らなくて大丈夫!


シンプルで毎日美味しい「豆腐のお味噌汁」

1.「まるごとキューブだし(R)」で作ったおだしに、
角切り豆腐を入れて沸騰したら、
味噌を溶かし小ねぎを散らしてできあがり!


美味しい春の味覚で「たけのこご飯」

1.炊く前にお米2合を30分ほど浸水させておきます。
2.あく抜きをしたたけのこ中サイズ1/2本を、
 5mmの薄切りにします。
3.油揚げ1/2枚は、荒いみじん切りにします。
4.炊飯器に、浸水させたお米、「まるごとキューブだし(R)」1個を
 320mlのお湯に溶かしたおだし、
 しょうゆ30ml、みりん30mlを入れ、
 2と3のたけのこと油揚げを入れ、
 炊飯器をセットします。
5.炊きあがったら、さっくり混ぜて、できあがり!
(注)たけのこのあく抜きは、たっぷり水を張った鍋に、
 たけのことぬかを入れ、 落とし蓋をして、一度沸騰したら、
 その後1時間弱火で煮て、火を止めて、
 そのまま自然に冷めるまで放っておきます。(大体一晩)
 水洗いして水につけて冷蔵庫に入れておけば日持ちします。


風味と食感を楽しむ「たけのこ土佐煮」

1.「まるごとキューブだし(R)」1個を1カップ(200ml)の
 お湯に溶かしたおだし、しょうゆ15ml、みりん15ml、
 酒15ml、砂糖大さじ1/2を合わせ、
 あく抜きをして食べやすい大きさに切った
 たけのこ中サイズ1本を入れ、落とし蓋をして、
 10分くらい中火でゆっくり煮含める。
2.煮汁が少なくなり、たけのこに味が染みたら
 できあがり!

ができるまで


1.かつお節を削って、極薄ふわふわの食感の削り節をつくる。

こだわりポイント①
かつお節は、たくさんの薪を使って濃い煙で燻すので、香ばしい香りのする鹿児島から 運んできます。

こだわりポイント②
お湯にやわらかく溶け込みとろっとした食感になるよう、「輪切り削り」で「薄く」削ります。
円盤にたくさんのカンナの刃!そのどれもがティッシュ1枚分というわずかな刃先だけが出るように 調整され、その円盤を回転させると極薄ふわふわに削られたかつお節が、少しずつ出てきます。

こだわりポイント③
かつお節削りの風味と香りが削りたてのままになるよう、削ってすぐに輸送用の密閉された 袋に詰め、袋の中の酸素を追い出し、素早く窒素で満たします。

こだわりポイント④
削ってから、「まるごとキューブだし(R)」に加工するまで、できるだけ時間が空かないよう、 フリーズドライ工場での生産の直前に、かつお節を削ります。

2.極薄ふわふわのかつお節と昆布のうまみなどを、丁寧に混ぜ合わせ、本格おだしを仕上げる。

こだわりポイント⑤
かつお節は長時間沸かしたお湯に入れると香りが逃げ、渋みなども出てくるため、 できるだけ短い時間でまんべんなく混ざるようにします。

3.四角い型に、出来上がったおだしを熱いうちに流し込み、そのまま凍結乾燥する。

こだわりポイント⑥
おだしは香りが命!型に流し込まれたお出汁は、素早く凍結乾燥します。